Archive

Archive for the ‘スタッフとの関係性’ Category

「自信がない」スタッフさんに必要な3つの要素とは?

6月 5th, 2015 Posted in スタッフとの関係性 | No Comments »

なかなかスタッフの実力があがらない。

自分ばかり忙しくて、

経営の仕事に手がつけられない。

 

日々の施術をスタッフさんに

任せられないと

悩んでいらっしゃる先生は

 

少なくないと思います。

 

なぜ、スタッフさんはクロージングを

決められないのでしょうか。

なぜ、リピートさせられないのでしょうか。

 

様々な理由はありますが、

ひとつは「スタッフさんの自信」が

大きく関わっているようです。

 

院長の方がうまいから・・・

技術もトークもかなわないから・・

まだ、〇〇ができていないから・・

〇〇さえあれば・・・・・

 

足りないことばかりに

フォーカスしてしまったら

自信なんて出るはずがないですね。

 

スタッフさんの自信をつけるのには

3つの要素が必要不可欠です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1、比較させない環境づくり

2、1分で効果が分かる技術

3、マインド

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

比較させない環境、とは

院長先生とスタッフさんで

同じ患者さんを診ないということです。

 

比較する機会を与えなければ

患者さんが

 

〇〇先生がいいいのに・・

〇〇先生じゃあ・・・・

 

と思うチャンスがありません。

つまり、始めから終わりまで

スタッフさんに任せるということです。

 

効果が分かる技術は

始めの1分で患者さんが変化を感じる手技を

徹底的に練習するということです。

1分なので、3手技あれば十分です。

 

患者さんが変化が分かるくらいなので

当然、スタッフ自身が変化を感じます。

 

『すごい!』

『こんなにラクになってる!!』

『今まで上がらなかった肩が

 ここまで上がる!!』

 

そんな患者さんの喜んだ声を

聞いているうちに

自然に自信がついていきます。

 

そして、マインド。

 

これは、スタッフさんに

どんな言葉が響くのかは

院長先生が最もご存知だと思うのですが

 

今回の場合は、

『患者さんには、あなたしかいない』
という言葉でした。

 

あなたが結果を出してあげられなかったら?

つらいのをなんとかしたいと

探して

探して

たどり着いたあなたが

自信がなかったら?

 

また、患者さんを迷わしてしまうことになる。

 

だから、今のあなたのできる最大限を

やってあげて。

 

「今の自分でいいんだ」と

ホッとしたのか、

言われたスタッフは、そこから

着実に結果を出すようになり

 

翌月には最高益をたたき出しました。

2ヶ月後には

 

「他のところで結果を感じずに

来られた患者さんのほうが

クロージングできる」

というようにまで成長していました。

 

もし、スタッフさんが自信がないと

悩んでいるとしたら

何かのヒントになるかもしれません。

 

ぜひ試してみてくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1分で効果の出せる手技はこちら

↓↓

http://bikenseminar.iinaa.net/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本BMK美健協会