Archive

Archive for 5月, 2015

【※患者さんの反応が薄い※】変化は出ているのに….と悩んでいる先生へ

5月 28th, 2015 Posted in その他 | No Comments »
突然ですが、
 
皆さんは施術の前後で、
どんなBefore&Afterを使っていますか?
 
可動域でしょうか?
ペインスケールでしょうか?
 
施術が終わった後
圧倒的な可動域の変化が出ているにも関わらず【画像】ウェストを測る女性
 
患者さんの反応がうすい。
という経験をしたことはありませんか?
 
 
肩こりや腰痛なら
話は違います。
 
挙がらなかった肩が上がり
つらさも吹き飛び、かろやか。
 
肩の外転の動きで十分です。
 
ただ、
『◯◯cmも腰の回旋がちがってますよ〜!』
と力強く伝えたのに
 
『あ、ホントですね..。(で?)』
 
という返事を返されたときの
もやもや感。そして冷や汗。
 
変化は出ているのに、おかしいな・・・。
そんな経験はありませんか?
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
実は、そんな女性の患者さんに
ぴったりの検査法があります。
 
 
スタイルに悩んでいる方に
うってつけです。
 
それはずばり
『触感+言葉の誘導』です。
 
え?
 
そんなこと?
と、思われましたか?
 
そんなこと、なんです。
 
普段、
皆さんが日常的に使っている方法と
同じです。
 
では、何が違うのでしょう?
 
例えば、
太もものラインを変える手技を
行うとします。
 
どんなふうに
Beforeを感じてもらいますか?
 
手を当ててもらい
現在の状態を把握してもらう。
 
『ここに触ってみてくださいね〜』
 
ここまではしている方も
いらっしゃると思います。
 
でも、それだけでは十分じゃありません。
 
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ 
どのように手を当ててもらうか。
■当てた手で何をどのように感じてもらうか。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ 
 
この部分の『言葉の誘導』
とても大事なんです。
 
『じゃあ、手の平で広く包んで
こんな風に(見せながら)
太ももの細さを感じてみてくださいね〜』
 
『付け根から膝上まで
感じてみましょう〜』
 
『その後に、ぐっと力を入れて
柔らかさや張りを感じてみてくださいね〜』
 
何をどのように感じてもらうか。
ちょっとした手間ですが
ここをしっかりやっておくと
 
施術を終えたときの
女性の反応が
明らかに変わります。
 
スタイルを変えたい女性は
残念ながら「可動域」に
興味がありません。
 
何がどれだけ自分のキレイ』に
直結するのか。
 
その感動が多い程に
施術に価値を
感じるようになります。
 
皆さまもぜひ
試してみてくださいね!
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
そんなBeofore&Afterを
全8手技、ひとつひとつで魅せることができる
手技があります。
 
とにかく感動しちゃいます。
↓↓