【わたしは、院の駒ですか?】 話の通じないスタッフさん★との確執について

上司と部下3
おはようございます!
Monday担当のジェンヌです。

2014Autumn号『CYAN』という
雑誌の企画にドッキリ☆

編集社イチオシのヘアースタイルを

編集者全員が実際にカット(!)して
写真とコメントで紹介。

一人ずつがモデルとして
雑誌に掲載されています。

編集社の『こだわり』と
編集者の『意気込み』が伝わるGood Idea!!

治療院にも使えるかも~~~??!
さあ今週も参りましょう!

=====================
【わたしは、あなたの駒ですか?】
         ~ジェンヌ体験記15

実際の院の【売上】や
【数値】を具体的に分かりやすく

全てのスタッフさんに
きちんと【金額】を伝えて

院の意識を変えていこうと
奮闘している方は多いと思います。

責任感を持たそう。
自覚を持たそう。
数字にシビアに。
みんなで売上を上げよう・・・

ところが
どんなに励まし、話を聴いて
改善を繰り返しても

結果につながらない・・・・。

そんな『伝わらない』やり切れなさに
疲れている方も多いと思います。

スタッフさんにしっかり給料をあげたい
売上げが上がれば払える!
だから、みんなにアゲテホシイ。

『想い.・belief!』を伝え
『情熱・passion!!』を伝え
『現実・reality!!!』を伝え

そして言われるのは
『それは、院長の勝手です』。
『それは、院の方針ですよね?』

そして
むやみやたらの反発を喰らう・・・・。

ジェンヌが思うのは
全員に伝える必要はあるのか
という事です。

『同じ言語』での目的の共有は
難しい・・・・・。

ジェンヌが働き始めた頃の
最大のモチベーションは

一番近い先輩を倒す事♪

悔しがっている先輩の姿☆と
さらに上の先輩からの
『すごい、よくやったね』
  ↓↓
一番結果が出た時でした。

自分の腕を磨き
自分の施術を極め
良い治療がしたかったからです。

『結果を出す』という意味が分からずに
何度反発したでしょう(泣

その頃の私に
『売上』の話はむしろ
逆効果でした。

経営的視点は
誰もが持てるとは限りません。

伝わらないのは
誰のせいでもありません。

視点が違うだけ★
伝えても、お互いが苦しいだけ☆

『不必要なことは伝えない』
それも、やり方のひとつデス。

関東は秋雨にしっとりです☆
美味しい焼き鳥にうっとり☆

ジェンヌこと
佐久間藍

Posted on 月曜日, 9月 1st, 2014 at 6:00 AM and is filed under スタッフとの関係性. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply