【何を言っているんですか?院長。】 話の通じないスタッフさん☆との確執について

上司と部下1
Monday担当ジェンヌです。
 
今月号の『Dress』という女性誌に

新・大人世代の
  『大人、からだ、キレイ』

と題した記事が。
『生き方の美しい人は、
    からだも美しい!』をテーマに

からだにまつわるエピソードを
特集しています☆
 
女性のココロをくすぐる10センテンスに
どうぞ加えてみて下さいませ☆

今週もはりきって参りましょう!
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
【話の通じないスタッフさん☆との確執について】
          ジェンヌ体験記14

『誰でもできる手技』という言葉ほど
玄人泣かせの言葉はありません(泣)

今まで、あらゆるセミナ−に出席し
習得してきた『技術』の数々。

感覚を研ぎすまし
磨いてきた努力の結晶。

それらが全て、【否定】される悲しみ・・。

臨床経験が長いほどに
理解できなくなる上司の意図・・・

☆★☆

BMKのコンセプトのひとつに

【再現性】

というコンセプトがあります。
その言葉の通り

【誰でもできる】

という意味です。

つまり、新人さんでもできちゃいますよ〜
という意味です。

先生が

◯院を思い
◯スタッフを思い
◯お客様を思い

考え抜いて導入する新しいシステムや技術も
自身の技を磨きたい者にとっては

【制限】・・・泣

どんなに効果が出ようと
誰にでもできる技術の価値は

あまり大きく、ありません!!

むしろ夢やプライドを傷つけるものにも
なりかねない・・・・。

新人ができるものを自分が??なんで〜〜?
もっとスゴいことができるのに、なんで〜〜?

自分の価値が活かされない!
施術の質が下がる!!

そんな不満が
少しずつ、少しずつ・・・浸食(爆)

経営マインドのあるスタッフさんばかりとは
限りません☆

『こんなの誰でも出来るよ(怒)』
と、言うならば
と、言うならば・・・・

伝えるべきは、再現性ではないかもしれない〜〜
むしろ、真逆が良いのではないでしょうか。

秋口は 
ジェンヌが目の当たりにしてきた
【伝わらないもどかしさ】をテーマに

しっぽり、番外編といきましょう。

熱燗に夢馳せる

ジェンヌこと
佐久間藍

Posted on 月曜日, 8月 25th, 2014 at 6:00 AM and is filed under スタッフとの関係性. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply