【共通言語を見つける】話の通じない★スタッフさんとの確執について

 

 上司2

 

【共通言語を見つける】  

    話の通じない★スタッフさんとの確執について

 

こんにちは!

Monday担当☆のジェンヌです!

 

今回のananはヤバし!です☆

 

アラサー~アラフォー女子の憧れ

井川遥のインタビュー

 

『芯のある美しいカラダ。』

 

に加え

下腿のラインに特化した特集☆

 

ブーツとスカートの隙間にも

こだわる大人女子には

 

たまらない1冊!!

ぜひ患者様とのトークツールに

ご活用あれ~~~~☆

 

*~*~*~*~*~*~*~*~

【共通言語を見つける】  

   話の通じない★スタッフさんとの確執について

 

良い治療を

したい

 

患者様を良く

したい

 

治療院を良く

したい

 

会社を良く

したい

 

言葉は違えど、良い方向に向かいたい!!

という気持ちはひとつ。

 

複数のスタッフさんがいるほどに

気持ちがひとつになった時の

 

爆発力はスゴい☆

 

ただし

 

気持ちがひとつになるまでの

プロセスは長い・・・・・・。

 

理解ができず

理解もされず

 

ジェンヌは場面により

どちらサイドにもなりました。

 

そしてどちら側にいても

相手が理解できず

 

ついには胃腸炎に・・・。

なんて、こともありました。

 

店舗を統括していたとき

『結果』を出す事に焦るあまり

 

『会社の方針はこうだから

 この施術をやらなきゃいけない!』

 

と押し付けたり

 

『このメニューで結果を出してくれないと 

 お給料が払えない!』

 

と脅したり

 

今思うと、『あんた、バカ~??』

って思うような言い方をしていました。

 

数ヶ月後に噴出してきたのは

スタッフの

 

『わたしは会社の駒じゃありません』

『わたしの施術をやらせてください』

『やりたいのは、あなたの勝手じゃないですか』

 

怒りと軽蔑の嵐☆

 

☆★☆★☆★

 

視点が違うと

言葉の定義が変わる。

 

これに気づいたのは最近です。

【結果】という同じ言葉を

使っていても

 

言葉の背景が違う。

まるで違う~んです☆

 

*お給料を払ってあげたい!

*結果を出して自信を持って欲しい

*店を存続させたい!

*いい治療をして欲しい!

 

様々な『決め事』や『方針』の背景には

様々な『想い』があります。

 

ジェンヌは言葉のチョイスを

間違えました。

 

『想い』があっても

全く伝わらないことがありえるんです。

 

だからこそ

言葉のチョイスを変えるだけで

伝わる事がありえる。

 

その人に響く言葉は

必ずあります。

 

ジェンヌの経験が

少しでも皆様の役に

立ちますように。

 

秋のノスタルジーに

想いを馳せつつ

 

お湯割りを一杯・・・・。

 

ジェンヌこと

佐久間藍

 

 

 

Posted on 月曜日, 9月 8th, 2014 at 6:00 AM and is filed under スタッフとの関係性. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply